吹き出物を治す方法に睡眠時間は関係ある?

ノンエー

吹き出物は早く治したいものです。

 

吹き出物が出ることと、睡眠は関係あります。

 

 

睡眠時間は、極端に短いと肌がじっくり再生する時間が不足してしまいます。長すぎてもあまりよくありません。

 

吹き出物をなすために必用な睡眠時間は、7〜8時間が必要と言われています。睡眠不足の方は、ここから改善しましょう。

 

 

午後10時から午前2時は、お肌の再生時間としてのピークと言われています。

 

ゴールデンタイムという人もいます。この時間は寝るようにして、せめて日付が変わる前には布団に入るようにしておくことです。

 

同時に、睡眠の質も大切です。深く眠れていないと身体の疲れが取れないので、二度寝してしまったり、2時間も昼寝してしまったり、だらだらと1日を過ごすことになってしまいます。

 

 

では、どのような睡眠が質の良い睡眠と言えるのでしょうか。

 

寝具と寝る時の寝間着です。布団は日に干して殺菌して清潔な状態にしておきましょう。枕や布団の端など、肌に直接触れる部分は、特にきれいにします。

 

また、髪の毛が長い人は髪の毛が肌に直接触れないようにしましょう。触れると、刺激になったり雑菌がついたりします。もちろん、寝間着やパジャマはいつもきれいなものを身につけましょう。

 

吹き出物を治すのに、睡眠時間だけでなく、いつ寝るか、どんな寝具で寝るか、ということも考えてケアします。

 

 

吹き出物についての関連記事